日本ならではの結婚式|最適な時期に行なう結婚式|タイミングを考えて予約しよう

最適な時期に行なう結婚式|タイミングを考えて予約しよう

日本ならではの結婚式

男女

参列できる人を確認して

和婚とは、近年登場してきた言葉で、日本古来のスタイルであげる結婚式のことをさします。日本古来のスタイルといっても複数の方法がありますが、一般的なのは神前式と披露宴というスタイルです。神前式でも、神社で挙式をあげるスタイルもあれば、ホテルや結婚式場に併設されている神社風の施設であげるスタイルもあります。仏前式というお寺であげるスタイルもあります。こうした和婚の場合、挙式会場が狭いこともありえます。特に本物の神社やお寺を利用する場合、親族など近しい人しか会場にはいれないことも少なくないので注意が必要です。その場合、友人や会社関係者などは披露宴からの招待になることをあらかじめ伝えておく必要があるでしょう。

挙式と披露宴の会場に注意

和婚は、挙式会場と披露宴会場が別の場所になることも多いです。その場合、挙式会場と披露宴会場のアクセスについても確認しておかねばなりません。挙式から参列する親族や新郎新婦はどうやって移動するのか、披露宴会場から参列するゲストはどこで待っていればいいのかも確認すべきポイントです。挙式会場と披露宴会場は近いことが多いので、徒歩での移動もありえます。移動する方法が徒歩の場合、雨ならばどうするのかも考えるべきポイントです。和婚の場合、披露宴会場を決めてから挙式会場を決めることが多く、挙式会場の設備は二の次で選ぶことも多いです。ただその場合、短くはない挙式の時間もゲストが快適に過ごせるように最大限配慮するようにもしなければなりません。